TOPICS

中国アウトソーシング情勢


中国アウトソーシングといえば、以前はデータ入力などの低コスト業務委託が中心でした。

しかし、日本企業の中国進出が進むにつれて、中国でアウトソーシングされる業務内容も徐々に変化が現れてきています。
日本国内の業務をアウトソーシングするだけでなく、中国でのビジネス展開にも活用するという動きが活発となってきているためです。

中国で活動している企業は約1,700万社以上ありますが、日本市場とは異なり、それが広い地域に分散して存在しています。
効率的な営業活動は、中国でのビジネス成功の必須条件です。

そのため、アウトソーシングの内容は中国国内での営業・マーケティング活動、消費者調査、電話営業など、主に営業面での展開が広がってきています。

本サイトを運営するマスターピース・グループでも、中国コールセンターでこれまで蓄積してきたノウハウや実績、ネットワークを活用した販売支援を実施しており、こちらのお引き合いが増えてきています。

•潜在顧客の掘り起こし
•潜在顧客に対する定期アプローチの実施
•潜在顧客リストのデータクリーニング
•電話・チャット・メールを活用したダイレクト販売手法の確立
•お客様へのフォローアップ強化による顧客満足度の向上

中国ビジネスサポート

サービスについてのお問い合わせ
2017/11/22
Wednesday

中国語コールセンター 北京市密雲「北京コールセンター産業基地建設プロジェクト」着工式典開催