HEADLINE

急発展を遂げる北京アウトソーシング市場(4)

2012 年 12 月 23 日 MPG大連

≪融資の買収合併、益々頻繁に≫
インタビューによると、サービスアウトソーシング産業の急激発展により、北京本土のアウトソーシング企業は日に日に資本市場から注目を集めている。
Chinasofti、サイノコム・ソフトウェア・グループ、Vanceinfo,ハイソフト(海輝軟件集団公司)、アイソフトストーンとBeyondsoftなど6社の大型サービスアウトバウンド企業が境内外で上場し、資本市場集団登場の体勢を形成している。
上場の影響で、北京市のサービスアウトバウンド産業はより一層の注目を集めている。

今年8月、国内サービスアウトバウンドの2大先導企業Vanceinfoとハイソフト(海輝軟件集団公司)が合併を発表した。発表後のPactera Technology International Ltd.の従業員数は2.4万人に上り、中国最大のオフショアITサービスサプライヤーとなった。
中国で初めて売上が5億ドル超える企業となり、従業員数2万人超えの重量級サービスアウトソーシング企業の誕生である。
その後も、Beyondsoftがアメリカのアチーボの傘下にある子会社6社のすべての株を現金で買い取る事を発表、買収後の会社の規模は1万人以上になり、業務額は1.5億円を超えた。
このように、現在の北京アウトソーシングサービス業界では合併趨勢が強く成されるようになっている。

2017/11/22
Wednesday

中国語コールセンター 北京市密雲「北京コールセンター産業基地建設プロジェクト」着工式典開催