HEADLINE

急発展を遂げる北京アウトソーシング市場(3)

2012 年 12 月 21 日 MPG大連

≪企業規模、着実に拡大する≫
統計によると、2011年の北京市オフショアアウトソーシングサービスの売上が1,000万ドル以上にのぼる企業は53社あり、その内、業務額が1億ドル以上にのぼる企業は4社になるという。
2011年の年末までの北京市のアウトソーシング事業の従業員数は合計20.95万人に上り、千人以上の従業員を持つ企業は17社、その内の3社は1万人以上にもなる。
今までに、北京市では合計6社の企業が中国10大アウトソーシング先導企業に選ばれている。

概算統計によると、現在約50社のアウトソーシング企業が海外で130社あまりの支店を設立しており、支店は主に北アメリカ、ヨーロッパと東南アジアに集まっている。

北京市の商業委員会の関係者が記者に話した内容によると、アウトソーシング産業の発展に伴い、北京市のアウトソーシング企業の提供するサービスは徐々に単一化から多元化しているという。
企業は既に顧客に研究、開発、企業解決案、アプリケーションソフトの開発と維持、品質保証と測定などを含む全方面のサービス、業界、科学、金融、製造、小売などを提供している。

北京のソフトウェアアウトソーシング事業は既に世界最高級の航空企業の飛行ソフトウェアの測定を請け負っており、北京のアウトソーシングサービスの最先端技術の優勢を物語っている。
30以上の国家から集まった従業員を組織し、グローバル化ソフトの兼用性と安定性の測定を行えるのは、北京のサービスアウトソーシングのグローバル競争の中での有利さがあるからである。
そして既に世界最大の3Gスマートフォンのサプライヤーであるアメリカのクアルコム社とアンドロイドシステム開発等に関する全面的アウトソーシング協議を結べているのは、北京のアウトソーシングサービスが自主知的財産権で先導的優位を示している。

2018/11/16
Friday

中国語コールセンター 北京市密雲「北京コールセンター産業基地建設プロジェクト」着工式典開催