HEADLINE

急発展を遂げる北京アウトソーシング市場(1)

2012 年 12 月 19 日 MPG大連

北京市のアウトソーシング産業は国家政策の特徴を生かし、急成長している。
現在、北京のアウトソーシングサービスは徐々に大規模化、最先端化、グローバル化している。

今年の1月から10月にかけて北京市のオフショアアウトソーシング事業の市場は25.1億ドルに達しており、外資系企業350社は北京で独立研究機構を設立している。
また北京市にある6つの企業は中国の10大アウトソーシングサービス先導企業に選ばれた事がある。
これらの数字は北京市のアウトソーシング事業の大規模化の顕著な現れを示すとともに、グローバル化競争率の上昇、そしてハイエンド化の発展経過加速を意味している。

北京市の商務委員会が記者に話した内容によると、北京市委員会と市の行政がアウトソーシング産業の発展を、今後の経済発展方法の転換、新しい経済成長ポイントの構築、国際貿易センター建設の加速化と捉え、重要な戦略になると考えている。これらを商務部の指導のもと、北京市のアウトソーシングサービス産業は国家政策の特徴を活用すると同時に、人材、技術、基礎設備など総合的な長所を利用し、サービスを成長させ、規模を拡大し、その実力を見せつけている。常に全国のアウトソーシングサービスを率いる都市という先導企業地位を立ち、徐々に規模を拡大化し、最先端化と共にグローバル化を実現している。

2018/09/23
Sunday

中国語コールセンター 北京市密雲「北京コールセンター産業基地建設プロジェクト」着工式典開催