HEADLINE

新聞業界における多様なお問合せ窓口のあり方

2012 年 12 月 11 日 MPG大連

マスコミ業界という大きな環境下で、新聞業界のデジタル化、全メディア発展の趨勢は中国では既に必至とされており、多くのメディアが先を争って各種の新聞デジタル化と全メディア業務の探索を行った。

現在、いわゆる伝統的な紙媒体は内容、メディアの変革を伝えること以外に、よりサービスの向上や優れた商材の統合利用を重視し始めた。つまり、如何にエンドユーザーに利便性の高いコミュニケーションツールを提供していくか、如何に優れた商材でより多くの価値を創造していくのか、それらが紙媒体に存在する早急に着手すべき課題である。

現在、中国の携帯電話ユーザーは10億を超え、電話とショートメールはすでにユーザーたちがコミュニケーションを取り合うための大きな手段となっている。その中で電話は最も直接的で有効なコミュニケーション手段である。顧客データ管理、発掘をもとに、電話、ショートメールなど多種な通信方法を利用することができるコールセンターは、専門的で柔軟かつ高いパフォーマンスのアプリケーションソフトを通じて対話型サービス体験を実現している。

≪新聞界コールセンターの構成例≫

民意調査:民意調査活動投票などの業務をBPOとして提供。

商品予約購入:商品予約購入を通じ、団体購入類業務、単品販売業務などを展開(例:祝日の贈り物、生活必需品など)

ショートメールインタラクティブ:ショートメール方式でニュースを発信。

牛乳配送:新聞配達と同時に、牛乳の配送と予約購入の受付。

物流速達:速達郵便の受取り。バックグラウンドでは速達の受取り管理システムに繋ぐことで、リアルタイムの物流情況の確認も可能に。

チケット事務代理予約:航空券、列車券、コンサートなどのチケット予約情報を記録し、チケットお届けサービスを提供。

上記は一例であるが、このようにコールセンターが新聞業界のサービス品質向上、自身の公信力強化、パフォーマンス性の高い商材によって大きな成果を果たしており、未来の新聞界発展にとって必要不可欠な一部分となっている。

2018/09/23
Sunday

中国語コールセンター 北京市密雲「北京コールセンター産業基地建設プロジェクト」着工式典開催