HEADLINE

合肥に特級コールセンター設立か

2012 年 6 月 22 日 MPG大連

 

合肥コールセンターは全世界にサービスを提供できるようになるようだ。

合肥には現在どのようなコールセンターがあるのだろうか。
責任者によると現在すでに“合肥濱湖国際アウトソーシング産業区”と“合肥(蜀山)国際デジタルビジネス産業区”を拠点としている。
その中で合肥には銀行、郵便、保険、商旅、移動増値サービス、電子ビジネス、白色家電、通信、人材派遣等の業種向けのコールセンターが設置されており、すでに芸龍旅行ネット、平安デジタル、北京恩源科技、北京訊鳥ソフトウェア、北京95teleweb、香港派蒙グループ、北京同能陽光、
揚州三行科技、北京天数播マルチメディア技術、創谷アウトソーシングサービス、鸿途アウトソーシングサービス、等の様々な企業が集まり形成されている。

<文化科学技術融合発展実施の推進に関する意見〉の討議によると、合肥は中国コールセンターの都となり、“政府公共サービスコールセンター区、ビジネスサービスコールセンター区、ハイテクノロジーサービスコールセンター区、社会基礎項目サービス区”の4大区域を基礎とし五年以内に国内最大のコールセンター産業基地を設立しようとしている。

情報元:www.51Callcenter.com

2018/11/16
Friday

中国語コールセンター 北京市密雲「北京コールセンター産業基地建設プロジェクト」着工式典開催