HEADLINE

大連市サービスアウトソーシング発展状況及び大連市サービスアウトソーシング発展に対する参考の意義

2011 年 1 月 11 日 MPG大連

 大連サービスアウトソーシング産業の発展状況は、大連が正式にサービスアウトソーシング業を推進し始めたことを示す。1999年から2009年まで、大連ソフトウエア業年間総合成長率は53.32%に達し、2009年ソフトウエア販売量は1999年の72倍に相当し、ソフトウエア輸出量は1999年の41倍に相当する。大連ソフトウエアとサービスアウトソーシング産業の増加値は全市GDPの4%を占め、未来の柱となる産業の形が現れた。

 2003年大連市政府は旅順南路のソフトウエア産業地帯の建設を企画し始め、5年後そのソフトウエア産業地帯企画面積は150平方キロメートルにまで拡大し、旅順南路のソフトウエア産業地帯を中心として、全市の産業発展を放射するように配置する。

 現在、大連はソフトウエアとサービスアウトソーシング業を発展させるため、相当な産業基礎を備え、規模効果と収集効果が徐々に現れている。世界トップクラス500企業の40数社が大連で開発とサービスアウトソーシングセンターを設立し、大連市を、多国籍企業が中国にてソフトウエアとサービスアウトソーシングに投資するのに最も集中する都市にさせた。

 全世界トップ十大ITOとBPOサービス提供業者の中、6社はすでに大連でアウトソーシング業務を展開し、東軟・華信・海輝三社現地企業は数年間連続で全国ソフトウエア輸出のTOP3を獲得した。

 概算統計によると、全国には200以上のソフトウエアパークがあり、十数年のパーク発展に従って、ソフトウエアパークは“土地を囲い・建設と企業誘致”の第一段階の歴史使命を完成させ、この段階で“政策・優遇”を通じて導入した企業によって、初歩的に大まかではあるが企業の“経営”方式を形成し、徐々に各自の特色を形成していった。

 産業構造に従う変換・区域人材の流動・企業の市場配置とコスト計算に従って、産業競争は徐々に突出し、パークは“資源・サービス”で争うソフトウエアパーク時代に入る。大連市のサービスアウトソーシング産業の発展模型は現れ始めたが、基礎は比較的に弱く、その発展は我々が参考にする価値があるところがあり、同時に我々は発展の中で自己の風格と特色を形成し、適時に政策を調整し、体制を創進し、サービスアウトソーシングの継続発展に適合する現場を提供する。

(情報源:http://www.51callcenter.com)

2018/12/15
Saturday

中国語コールセンター 北京市密雲「北京コールセンター産業基地建設プロジェクト」着工式典開催