THIS WEEK's ASIA
月別アーカイブ:

※写真をクリックすると拡大します。

今週の大連

大連のショッピングセンター内にある日本食財屋。日本のお菓子、調味料や食材などが数多く揃っている。少し値段は高めだが、大連在住の日本人には大人気。(2010/5/11)

今週の北京

骨董市場。週末に開かれる中国最大規模の空骨董市では雑貨から陶磁器、象牙など様々なものが揃う。値札はなくすべて交渉によって決まる。掘り出し物を格安で購入できることもあれば、二束三文のものをつかまされることも。(2010/4/28)

今週のバンコク

タイ通信公社(CAT)の食堂。お昼になると学生や社員で賑う。ご飯、洋食、麺の他にもお菓子やドリンクのお店がある。(2010/4/27)

今週の大連

吉野家店内。中国にある吉野家店内。日本と同様に店内で牛丼などの食事を取れる一方、店内の一角にはポップコーンやアイス、ケーキなどを売ってるコーナーもある。とても大胆な発想だ。(2010/4/22)

今週の北京

緑茶風味のスプライト。緑茶の香りがほのかにするちょっと特異な炭酸飲料。このほかにもバニラ風味のコカコーラなどもあり、中国にはこのような独自の飲み物が出回っている。(2010/4/21)

今週のバンコク

名物牛犬。MPGバンコクの近所のご飯屋さんの名物犬。牛にそっくりだ。このお店は「牛の店」と皆から愛されている。(2010/4/20)

今週の大連

豪華なお昼定食!大連にある日本料理屋で食べたお昼定食!およそ800円だが、とても豪華。味も日本で食べるのと同じで日本人だけではなく、中国人にも大人気!!(2010/4/8)

今週の北京

麻辣タン(マーラータン)。麻辣タン(タンの字は「湯」の下に「火」)。鍋の中の辛いスープで、練り物や湯葉、葉野菜などを串に刺し煮込んだ中国風串おでん。1串3角(4円)から屋台で食べることができる。安くてうまいので大人気。(2010/4/7)

今週のバンコク

CoCo壱。タイにも日本から進出したレストランがたくさんある。これはCoCo壱番のオムライスカレー。いつも地元の若者で店はにぎわっている。(2010/4/6)

今週の大連

中国民間芸術、変顔!!ショッピングモールで行われていた中国民間芸術、「変顔」。内心の感情を覆面を変えることで表す演技法。ショッピングモールではこのようなイベントを開催し、お客様に足を運んでもらうよう工夫している。(2010/3/25)

今週の北京

砂。黄河上流域などの乾燥地帯から舞い上がる砂塵が街中を覆う黄砂現象。まるでセピア写真のように街中が黄褐色に染まる。花粉飛散と同様、マスク無しでは歩けない春の自然現象である。(2010/3/24)

今週のバンコク

カオサン国旗と王族旗。世界中のバックパッカーが集まるカオサン通り周辺。王様の誕生日の時期には、空にたくさんの国旗と王族の旗が掲げられていた。(2010/3/23)

今週の大連

休日によく利用しているとてもおしゃれで落ち着いた雰囲気のカフェ。休日にはこのカフェでゆっくりするのが最近楽しみの一つ。大連にはこのようなおしゃれな店が最近多く、若者に大人気だ。(2010/3/17)

今週の北京

北京救急センター前の救急車。オリンピック以降、北京市内の各病院への配備が急速に進んだが、救急医の不足には現在も悩まされているそうだ。中国の救急コールは120番で、ちなみに救急車の利用は有料。(2010/3/11)

今週のバンコク

海がめ。こんな近くで海がめを見ることができた。しかも1匹だけでなく、30匹くらい!(残念ながら野生ではない・・)(2010/2/23)

今週の大連

中国の屋台。安くておいしいくてすぐ食べられることで大人気の屋台!写真にあるのは鶏ののど肉。日本ではあまり馴染みが無いが、中国ではよく食べられているの食材だ。(2010/2/17)

今週の北京

景山公園。景山公園から見た紫禁城と夕日。紫禁城の甍が夕日で黄金色に輝く絶景だ。景山公園は紫禁城を作ったときの残土で作られた人工の山「景山」を公園化した。(2010/2/16)

今週のバンコク

象。チャットゥチャックという週末の大きな市場に出かけたところ・・象!バンコクでは結構頻繁に象が歩いていて、えさを上げたり、乗ることもできる。(2010/2/4)

今週の大連

ここは大連?それとも日本?一見日本だと勘違いするほど、大連には多くの「日本風のお店」がある。この店舗は名前そのままに、生活用品が所狭しと並んでいた。(2010/2/3)

今週の北京

北京の前門にあるユニクロ(優衣庫)。前門には昔ながらを思わせる建物に、ハーゲンダッツやナイキ、H&MなどのHOTなお店が立ち並ぶ。歩行者天国になっていてショッピングストリートとなっている。(2010/2/2)

今週のバンコク

バンコク真夏のクリスマスツリー。気温は夏のバンコクでもこの時期いたるところでクリスマスツリーが飾られる。ツリーの前で記念撮影をする人も。(2009/12/24)

今週の大連

「新世界百貨店」店内のクリスマスツリー。毎年「平和広場」に飾られるクリスマスツリー。とても綺麗だ。多くの人が集まりクリスマスツリーの観賞をしている。(2009/12/23)

今週の北京

北京のクリスマスツリー。夜のライトアップも綺麗。北京ではオリンピックの影響もあってかここ数年で急激にイルミネーションが増えた。(2009/12/22)

今週のバンコク

ビーチ。バンコクでは12月でもビーチで海水浴を楽しめる。青い空と青い海、真冬とは思えない光景だ。(2009/12/17)

今週の大連

自転車社会から車社会へ!近年、大連でも車の数が急増し自転車社会から車社会へ変化している。通勤時間の渋滞ラッシュは今や日常茶飯事。(2009/12/16)

今週の北京

中国のしゃぶしゃぶ。様々な野菜を入れるのは日本と同じだが、肉は牛肉よりも羊の肉のほうがポピュラーだ。スープの中にはたっぷりの生姜の薄切りがあり、体を芯から温めるまさしく冬の食べ物の代表格といえる。(2009/12/15)

今週のバンコク

チェンマイのエレファントキャンプで人気の「絵を描く象」が描いた絵。色使いも筆の運びも見事だ。ちなみに紙は象の糞からリサイクルされている。(2009/12/8)

今週の大連

会社から見下ろす夜景!大連の第一センターから眺める夜景!仕事で疲れた時には綺麗な夜景で癒される。わざわざ夜景を見に行かなくても綺麗な夜景が毎日見えるのでとても贅沢!!(2009/12/3)

今週の北京

中国でもカラオケは人気だが、北京のカラオケ店では広い個室に豪華なビュッフェスタイルの食べ放題がセットになっている。奥の厨房でシェフが腕を振るう様は、一流ホテルのレストランさながら。(2009/12/2)

今週のバンコク

キティバス。タイにもキティちゃんファンは多い。このバスは、エールフランスのクルー用で、なぜかよく見かける。(2009/12/1)

今週の大連

朝の太極拳を楽しむ高齢者たち。昔から中国の「広場」や「公園」で続けられて来たお馴染みの光景だが、現在でも中国の公園には、子供のためではなく、こうした晩年のゆとりある暮らしを楽しむ高齢者達ための遊具が設けられている。(2009/11/25)

今週の北京

北京市内では、オリンピック開催時に渋滞緩和のために実施されたナンバーによる自動車規制が好評で現在も続けられている。ちなみに北京市ではバイクの乗用は禁止。(2009/11/24)

今週のバンコク

雨季の間、地上の虫を殺生しないよう、僧侶たちが寺にこもり修行に励む安居が明けると、街中に上座部仏教国タイの日常が戻って来る。タイの僧侶は、托鉢や寄進で施された食べ物しか口にすることはできず、また食事ができるのは午前中のみ。(10月撮影)(2009/11/18)

今週の大連

交通手段の一種、バイク。大連ではバイクも重要な交通手段。手ごろな値段で、渋滞にも強いのがバイクのメリット。運転手たちも自分のバイクが目立つようにいろいろ工夫をしている。(2009/11/17)

今週の北京

「世界貿易天階」の巨大な天井スクリーンに映し出されるメッセージの数々。掲載は有料で、掲載方法は個人が携帯電話から希望のメッセージを送信するというもの。(2009/11/11)

今週のバンコク

かつてバンコクは、東洋のベニスと呼ばれたほど運河が発達し、水上マーケットが生活の場であったが、車時代の到来で、運河はどんどん道路になり、水上マーケットも激減。写真は、観光用に土日だけ開かれるタリンチャン水上マーケット。(2009/11/10)

今週の大連

貝殻の飾り。貝殻で作ったとても綺麗な飾り!!中国の内陸部からの観光客は海のものに触れることが少ないため、このような飾りをお土産としてもたくさん買っているようです。(2009/11/5)

今週の北京

北京Happy Valley。2006年夏にオープンした中国最大規模のテーマパーク「北京Happy Valley」。北京市朝陽区東四環四方橋の南東にあり、敷地面積はなんと56万平方メートル!絶叫マシーンも完備され、1日中楽しめるスポットとなっている。(2009/11/4)

今週のバンコク

ムーガタ。ムーは豚、ガタはフライパンで、ムーガタはタイ式焼肉食べ放題の店。安いので、若者に大人気。(2009/11/3)

今週の大連

海の幸。大連は海に近いため、海産物が豊富です。海鮮焼き専門のお店も多く、にぎわっています。(2009/10/29)

今週の北京

北京にファミレス「オールデイズ」がオープン!「デニーズ」と同系列だけに、パスタやハンバーグなどお馴染のメニューを取り揃え24時間営業と、まるで日本のファミレスそのままだ!(2009/10/28)

今週のバンコク

シャム猫。シャムとはタイの旧国号で、シャム猫は名前の通りタイ王国原産だが、王室や寺院でしか飼うことが認められていなかったため、街中ではめったに見かけない。(2009/10/27)

今週の大連

大連で発見した吉野家。中国でも吉野家は大人気。味はほとんど日本と一緒!中国にしかないメニューもあり、面白い。(2009/10/22)

今週の北京

トルコアイス。北京にはこんなものまであります。作っているのはもちろんトルコ人!意外にも大人気です。(2009/10/21)

今週のバンコク

バンコクの有名タイスキレストラン「MK」では、レシートに1人あたりのカロリーをプリントしてくれる。近年、バンコク市民の間にもダイエットへの関心が高まって来ている。(2009/10/20)

今週の大連

猫親子!とても良い絵ですね!猫親子の幸せそうな瞬間を見ると心が癒されます!!(2009/10/15)

今週の北京

万里の長城。万里の長城。中国の歴史と古人の偉大さをひしひしと感じられるスポットの一つ。いつ来てみても圧巻だ。(2009/10/14)

今週のバンコク

チェンマイ動物園で生まれたパンダの赤ちゃん。まだモニター越しでの一般公開だが、すでにタイでは小さなパンダブームが起きている。(2009/10/13)

今週の大連

ここは中国?それとも日本?特に大連には日系企業が多いため、日本料理や日本製のものが数多くあります。だから大連にいても困らないと多くの日本人は言っています!!(2009/10/1)

今週の北京

北京市旧市街「胡同(フートン)」のハーゲンダッツ。商品単価は日本国内よりも高い。再開発が進む北京旧市街では、古い建物の外観を残して観光客向けの新しいショップが次々とオープンしている。(2009/9/30)

今週のバンコク

米粉麺クイティアオ。タイの屋台や食堂の定番麺。写真は、太麺のセンヤイ。細麺はセンレック、極細麺はセンミー。もとは、タイ華人の大部分を占める潮州人が故郷から持ち込んだ料理で、名前も潮州語のクエティオウから。(2009/9/29)

今週の大連

大人気!日本製化粧品。日本製化粧品は中国で大人気です!日本製は中国でも品質がいいイメージがあるので少し値段が高めではあるが、おしゃれな女性たちに好まれているようです。(2009/9/24)

今週の北京

古くからの北京市民の憩いの場である后海のほとりにある広場で蹴羽根(ジェンズ)を楽しむ若者たち。ライトアップされた湖の周辺には、おしゃれなカフェやバーが並び、あちこちからバンド演奏が聞こえてくる。(2009/9/23)

今週のバンコク

バンコク交通事情。赤信号でもバイクはじりじりと進み、青になったころにはフルスピード。(2009/9/22)

今週の大連

中国のお菓子。屋台で売っている中国お菓子。とてもかわいいので食べるにはもったいないくらい!!(2009/9/16)

今週の北京

北京市朝陽区の閉鎖された工場街に生まれた「北京798芸術区」。中国国内外の著名なアーチスト達がSOHOを構えるこの地域にはモダンなカフェなどが立ち並び、休日には若者に人気のデートスポットとなっている。(2009/9/15)

今週のバンコク

王室寺院ワット・プラケオの3仏塔。左から、スリランカ様式、タイ様式、クメール様式。(2009/9/10)

今週の大連

大連で発見!日本式ラーメン店。中国の日本式ラーメン店。日本人だけではなく、中国人にも人気のある日本式ラーメンお店。中国では外来のものに対してみんな興味津々!(2009/9/9)

今週のデリー

インド門。デリーにあるインド門。第一次世界大戦で戦死した兵士を追悼するために造られた慰霊碑である。夜はライトアップされる。(2009/9/8)

今週のバンコク

戦場にかける橋。バンコクから車で2時間のカンチャナブリー県にあるこの橋を通る列車から聞こえてくる口笛はもちろん「クワイ川マーチ」。「Kwai River」を邦訳するときに「クワイ川」となってしまったが、正しくは「クウェー川」。(2009/9/3)

今週の大連

中国のpizaaHut。中国ではpizaaHutを「必勝客」と書く。値段はそんなに安くは無いにもかかわらず、平日でも家族連れやカップルで行列ができるほどの人気だ。(2009/9/2)

今週のデリー

コンノートプレイス。コンノートプレイスは植民地時代、英国によって作られた新市街の中心。円形の公園を中心にして、それを囲むように地下鉄、高級レストラン、マクドナルドなどがある。(2009/9/1)

今週のバンコク

プラ・パトム・チェディー。バンコクの西、ナコーンパトム県にある高さ約120メートルで世界最大の仏塔。現在のタイ王国の領土の中で、最初に仏教が伝来した地とされているが、詳細は不明。(2009/8/28)

今週の大連

ホテル前に象の彫刻。中国では飲食店、ホテルなど商売をする大きな建物の前には大きな彫刻がある。商売繁盛を願って建てられているのではないかと思う!(2009/8/27)

今週のデリー

へび使い。蛇使いのおじさん。ピーヒョロローと笛を鳴らしながら器用に蛇を操る。(2009/8/25)

今週のバンコク

日本のマンガ専門店。タイでも日本のマンガは大人気。絵の美しさと、ストーリー性が受けているようだ。タイ語は横書きなので、開き方は日本と反対。初期の頃は、そのままページを反転させて、3時が9時になっていたこともあった。(2009/8/20)

今週の大連

店内でpizaaを食べる。日本と違って中国では通常店内でpizaaを食べます。とてもおしゃれな店内で、若者たちはデートにもよく使われているようです。(2009/8/19)

今週のデリー

インドのアイス屋さん。かわいい三輪車ですね。絵になります。このアイスは、子供も大人も大好き。いつでもどこでも食べれます。(2009/8/18)

今週のバンコク

バンコク近郊の島にて。タイ人は海で水着を着る習慣がなく、短パンやTシャツのまま海に入るのが普通。年中暑いので、すぐに乾いてしまう。ただし、このカップルの海の楽しみ方は特殊。(2009/8/13)

今週の大連

馬車で観光。大連市内に馬車が走ってる、びっくり!!乗るには少し恥ずかしいが、子供たちには大人気。(2009/8/12)

今週のデリー

インド風のトウモロコシ。トウモロコシを焼き、ソース(塩、グリーンコリアンダー、ミント葉っぱ、グリーンチリとレモンで作られた辛くてすっぱいソース)を付けて食べる。梅雨の時期は大人気のスナック。(2009/8/11)

今週の北京

北京最大の繁華街、若者達と旅行客が集まる場所「王府井」!その中には「王府井小吃街」という小道があり、お土産屋さんや焼き鳥などを売る屋台がたくさん。写真はそんな屋台で売られている焼き虫。(2009/8/7)

今週のバンコク

女子中学生の鞄。チャオプラヤー川の渡し舟にて。(2009/8/6)

今週の大連

公園に千個の足跡。大連の発展に貢献した方々の足跡、千個あるそうだ。(2009/8/5)

今週のデリー

カフェ。市街には若者達でにぎわうカフェが多く、英語でしゃべるインド人も少なくない。なぜなら、インドでは英語が話せる事がステータスとなるからだ。しかも必ず大声で。(2009/8/4)

今週の北京

鳥巣。北京五輪のメインスタジアム。鉄鋼を編み上げたようなその外見と形から、「鳥の巣」の愛称で親しまれています☆北京オリンピックのムードをそのまま残す為、聖火はそのまま、観光見学出来るようになっています。(2009/7/31)

今週のバンコク

功徳の回収。タイでは、放生で功徳を積むという考えがあり、川沿いの寺院では、田螺やドジョウ、蛙などを販売する店が並んでいる。放たれた生き物を再度回収しても特にバチは当たらないようだ。他に放つ生き物は、鳥、犬など。(2009/7/30)

今週の大連

大連のセンチュリー21。大連のセンチュリー21。中国にも進出しているセンチュリー21。見覚えのある名前だけに日本人にとっては安心感のある不動産会社の一つかも。(2009/7/29)

今週のデリー

マクドナルドの店員さん。インドでは牛を神聖な動物とするため、マクドナルドにも牛肉を使ったバーガーはない。チキンかフィッシュのバーガーのみだが、心温かい店員さんのスマイルは全世界共通?!(2009/7/28)

今週の北京

中央テレビ局。中国全国ネットで放送されているCCTV(中央テレビ局)。今年2月の元宵節(旧正月)に上げる花火の影響で80%が焼損し現在は建直し中。(2009/7/24)

今週のバンコク

ワット・ポーの寝釈迦仏。バンコク観光では、はずせないスポット。全長46メートルの金色に輝くお姿は必見。ワット・ポーは、タイマッサージの総本山としても有名。(2009/7/22)

今週の大連

霧に包まれた大連。大連ではしばしば濃い霧が発生する。お昼の大連市内なのに濃い霧に包まれ、前も見えないような異様な光景!(2009/7/21)

今週のデリー

レモンウォーター。町中にあふれるお水屋さん。手動のポンプで冷たい水を汲み上げる、暑いインドではなくてはならないお店!!(お好みでレモンも絞ってくれる)(2009/7/17)

今週の北京

天安門。北京といえば天安門!観光の定番スポットということから、いつ行っても多くの人で賑わっている。天安門の南側には毛沢東記念館があり午前中であれば毛沢東に会えるそうだ。(2009/7/16)

今週のバンコク

空きスペース=屋台。人が集まるところに空き地があれば、すぐに屋台街が出来上がるタイ。夜更けまで営業していることが多く、何時だろうと食事には困らない。(2009/7/15)

今週の大連

金石灘中華武館。金石灘にある中華武館。ここでは中国に古くから伝わる演武を披露してくれる。武道学校での訓練の成果がこれだ!(2009/7/14)

今週の北京

スイカとおじさん。夏といえばスイカ☆市場、コンビニ、路上、至る所でスイカを売っている。1玉15元(200円)程度ととにかく安い。冷蔵庫で冷やして半分に割ってそのままスプーンですくって食べる!おじさんも大喜び。(2009/7/10)

今週のバンコク

“ワイ”をするドナルド。タイの挨拶は、手を合わせて軽くお辞儀をする“ワイ”。“ワイ”をするドナルドは、タイのマクドナルドでいつでも見られる光景。(2009/7/9)

今週の大連

金石灘恐竜。金石灘の東部海岸にある奇岩。恐竜が海を覗き込んでいるように見えることから「恐竜探海」と名付けられている。(2009/7/8)

今週のデリー

インドの屋台のおかしやさん。インド人はおかしが大好き。屋台のおかしを計り売りで買ってチャイを共にティータイム。(2009/7/7)

今週のバンコク

バンコクは雨期。閑散とした雨上がりの船着場。(2009/7/2)

今週の大連

大連の路面電車。大連の路面電車には遮断機がなく、電車が来ているにも関わらず人と車が横断している。横断者に合わせて電車が止まることもしばしば。(2009/7/1)

今週のデリー

ジューススタンド。酷暑朝のインドでは水分補給が1番大事。屋台のジューススタンドでは季節の果物で果汁100%のジュースがその場で飲める。(2009/6/30)

今週のバンコク

花は生活の必需品。敬虔な仏教徒の多いタイの仏前には常に花が供えられている。手前のジャスミンの花輪は香りが良いので、車内のバックミラーにかけているドライバーも多い。(2009/6/25)

今週の大連

市内の急停電。今や日本ではあまり考えられない停電。急な停電で、アイス商品の処理に慌てるコンビニ店員。(2009/6/23)

今週のデリー

庶民の味方オートリキシャー。近場でもちょっと遠くでも、どこでも行ってくれる、市民の便利な足。オートリキシャーの運転手と交渉できると、インドでの生活は格段に充実する。(2009/6/18)

今週のバンコク

ロビンソンデパート。タイのデパートは、セントラル・グループとザ・モール・グループとの2大グループに集約されつつある。写真のロビンソンデパートは、セントラル・グループ傘下。(2009/6/17)

今週のデリー

腕輪。ヒンディー語で「チューリー」と呼ばれる腕輪です。色とりどりのチューリーはインド人女性の必需品。(2009/6/16)

今週のバンコク

タイの大学卒業式は年中行事。タイの大学の卒業式メインイベントは、王族から直接卒業証書が手渡される授与式。王族のスケジュールによって卒業式の日程が決まるため、卒業後半年以上経ってから行われることもしばしば。(2009/6/10)

今週のバンコク

夕暮れのチャオプラヤー川。右側に見えるガラス張りのビルは、マスターピース・グループ(タイランド)の入居するCATタワー。タイの国際電話とインターネットが集約される通信拠点。(2009/6/9)

2017/11/22
Wednesday

中国語コールセンター 北京市密雲「北京コールセンター産業基地建設プロジェクト」着工式典開催